塾内団体戦

塾内団体戦とは、我が塾内連盟に加入している25サークルの中で、 男女それぞれ26サークルの頂点をチームで争う大会です。 塾内団体戦では、それぞれのサークルが春から培ってきた団結力と練習の成果を発揮する場として、 毎年その威信を掛けて熱戦を繰り広げています。 2016年をもって塾内団体戦は、第51回目を迎えました。その大会期間は約1ヶ月半にも渡ります。 今年はどのような熱戦が繰り広げられるのでしょうか。

団体戦は、個人戦のように、1人、2人だけで戦うものではありません。 男子ならシングルス4本、ダブルス3本の計7試合、女子ならシングルス3本、ダブルス2本の計5試合を行って勝敗を決めます。 丸1日をかけて試合をするので、その分試合の流れも重要になります。 そしてそんな時、試合の流れで大きな力になるのは、応援の力でもあります。 団体戦は選手だけではなく、応援のサークル員も含めサークル全体で戦うものなのです。

このページを見て下さっているあなたの応援が、選手たちの力になります。 ぜひ会場へ足を運んで、皆さんのサークルの仲間と一緒に、試合を盛り上げていきましょう!

大会情報
        
大会概要
主催
慶應義塾大学硬式庭球同好会連盟
参加資格
当硬式庭球同好会連盟加盟サークルに所属している者
種目
男子シングルス
男子ダブルス
女子シングルス
女子ダブルス
試合形式
男子:シングルス4本・ダブルス3本、計7試合
女子:シングルス3本・ダブルス2本、計5試合
各試合 6 ゲームオール 12 ポイントタイブレークの 3 セットマッチとする。
使用球
DUNLOP FORT
審判
対戦クラブ間で手配すること